POlogogisisougusikyoukai

トップページ>倫理網領

  1. ごあいさつ 協会の紹介 義肢装具士 義肢と装具 ニュース よくある質問 過去のお知らせ

倫理網領

(前 文)
 国民の医療・福祉・健康における関心の高まりや現実となった高齢化社会、また我国の国際化がさけばれるなど、我々義肢装具士に対する社会からの要請は日々拡大しつつある。 よって我々はこれらの要請に応えるべく、患者・障害者の立場に立脚した医療・福祉分野の知識習得と技術水準の向上及び技術格差の是正を意識しつつ、日々精進していかなければならない。また義肢装具士はその業務の性格上、患者・障害者の身体に触れる機会が多いためその危険性を熟知し、他の関連職種との連携をはかりながら医療スタッフの一員としての自覚をもって業務を遂行していかなければならない。 これら上記のことを具現化するためには義肢装具士としての指針を示す必要があると考える。日本義肢装具士協会は義肢装具士で構成される我国で唯一の団体であることから、ここに「倫理綱領」を策定し、義肢装具士として不断の努力と実行によってその目的達成を図ろうとするものである。

1.患者・障害者について

  (患者・障害者の平等原則)
 1、  義肢装具士は、国籍、人種、民族、宗教、文化、思想、信条、門地、社会的地位、年齢、性別等の如何にかかわらず、患者・障害者に対して平等に接する。

  (患者・障害者の人権保護・守秘義務)
 2、義肢装具士は、業務上知り得た患者・障害者の情報の管理に努め、その秘密を守る。

  (患者・障害者へのインフォームドコンセント)
 3、義肢装具士は、業務上の目的と限界の責任を認識し、患者・障害者に業務の内容を十分に説明し、医師の指示のもとに義肢装具等の製作適合にあたる。

2.社会に対して

  (医療・福祉への寄与)
 1、  義肢装具士は、人類の保健・医療・福祉のために自己の知識・技術経験を可能な限り提供する。

  (社会への参加)
 2、義肢装具士は、自己の持つ知識と技術を積極的に提供することにより義肢装具を通して社会へ頁献し、また積極的な広報活動に努める。

  (国際貢献)
 3、義肢装具士はその活動の場を日本国内に限定せず、国際貢献・協力を積極的に行う。

3.義肢装具士について

  (患者・障害者に対する寄与)
  1、義肢装具士は、業務にあたり患者・障害者に対して誠意と責任をもって接し、自己の最善を尽す。

  (関連職種との連携)
 2、義肢装具士は、他の関連職種と誠実に協力してその責務を果たし、チーム医療の一員としての信頼を獲得してその業務を行う。

  (正当な報酬の授受)
  3、義肢装具士は、正当な報酬以外の要求や収受を行ってはならない。

  (後輩の育成・教育)
 4、義肢装具土は、後進の育成と教育水準の向上に努力する。

  (義肢装具士の技術水準の向上・研究)
  5、義肢装具士は、技術水準の向上及び学術的研鑽に努め、医療・福祉の発展に寄与するため知識や情報の収集・共有に努める。